寮暮らしのメリットデメリット

寮の存在には賛否両論あるかと思います。個人の自由が尊重されないとか、家に帰ってまで職場の人と一緒は嫌だとか言う人もいます。また新人の頃はどういう生活になるのか分からないから、先輩と一緒の方がいろいろ助かるという人もいます。

考えてみると、普通の会社勤務のようにほぼ決まった時間のスケジュール通りに業務が運ぶかどうかは、その日の患者さんの様子次第となると「寮」の存在はありがたいものです。寮ですから普通勤務先に近いところに用意されています。仕事をする体制が既にできていることになります。寮費もあまりお金がかからず、場合によっては食事の心配もしなくてよいところもあります。これは一般的には幸せな事です。

普通一般的では家賃に光熱費や食費と費用が半端なくかかります。それだけなら我慢もしますが、部屋の隣人とのトラブルや借りている部屋から勤務先までが遠いなど通勤時間の問題もでてきます。仕事以外に気を使わねばならないことはたくさんあります。

寮だとそういった問題が少ないから暮らしやすいでしょう。隣人は同じ病院の仲間ですからトラブルがあるということはないだろうし、多少あったとしてもお互いに話し合いができます。また寮自体が病院の近くで通勤にも問題はないでしょう。そしてなにより知り合いに囲まれているという安心感があります。仕事に専念できる幸せは何より大事です。他の職業では考えられないこと。一般の企業では今や会社の寮を「処分する」ところが多くなっていますが、医療関係では寮や院内保育園などを完備し、よりよい人材を集めるために奮闘しています。

私は今寮に済んでいるのですが、幸い優しい先輩たちに囲まれているので充実した毎日を送っています。賛否両論ありますが、精神的な不安が特に多い新人さんにとって寮暮らしは最適なのではないかなと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Note: If you are replying to another commenter, click the "Reply to {NAME} ↵" button under their comment!