看護師と寮について

自宅近くに思い通りの職場があれば別ですが、そうでない場合には住んでいるところから通うことになります。日勤だけの職場であればさほど敬遠されることはありませんが、夜勤も含む複雑な勤務シフトの場合、夜中に出勤したり、人が休んでいる間に家事をしなくてはいけなかったりなどのため、アパートなどに住んでいる場合には敬遠されることも多いです。

そこで需要が高まるのが病院に併設されている看護師寮です。看護資寮であれば、そこに住んでいるのはその病院で働いている看護師だけなので、勤務が不規則なのも理解してもらえるので、生活していて精神的な負担も感じません。また、寮は病院などの職場のそばにある場合が多く、通うのに車など必要がないため交通費などもかからなくてすみます。また、家賃も通常のアパートなどより安く入れるため、通常のアパートなどから寮に引っ越してくる人もいます。更に、そこに住んでいる人たちは診療科は違っても同じ病院で働く看護師ばかりです。仕事などの悩みなどを相談したりすることも出来ます。

しかし、デメリットもあります。まずひとつは職場に近いということから、何かにつけて職場から呼び出しがかかったりすること。遠くに住んでいればそんなことはないのですが、緊急の患者さんなどが来たときは借り出されることが多いです。更に、人間関係も問題です。職場の仲間が同じ寮にいることから、仲がいい場合は楽しいのですが、仲がよくない人と同じ部屋になったり近くに住むことになったりすると精神的に参ってしまうこともあります。このようなメリットとデメリットをよく検討して、寮が在る病院へ就職したときは、寮に入るかはいらないかを選択するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Note: If you are replying to another commenter, click the "Reply to {NAME} ↵" button under their comment!